田島幹夫の庭球魂

田島幹夫の庭球魂は日頃の田島幹夫のテニス活動を更新していくホームページです。

田島幹夫の紹介

柳川高校・日本大学でテニス部主将を務め大学卒業後、母校柳川高校に戻り、国語教師として教鞭をとりながら、コーチ・監督として柳川高校男子テニス部の指導にあたり、多くのテニス選手を育成してきました。

主な指導選手

松岡修造(ウィンブルドンベスト8、世界ランキング最高46位)

福井烈(全日本選手権7回優勝、元デビスカップ代表監督、元オリンピック代表監督、日本テニス協会専務理事、東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会常務理事)

植田実(日本テニス協会常務理事、デビスカップ代表監督)

土橋登士久氏(全日本学生4連覇、ソウルオリンピック出場、フェドカップ代表監督)

現在は地元で自分のテニスチームを持ちテニスの普及活動を行ない、またアサヒ緑健久山テニス俱楽部強化ジュニアでは、小学生から中学生のテニス選手の育成に力を入れております。※アサヒ緑健久山強化ジュニアがオープンし約10年、全日本ジュニア出場選手・九州ジュニアチャンピオンを輩出してきました。

アサヒ緑健久山テニス俱楽部強化ジュニアの選手達

田島幹夫と久山の歴史

ギャラリーに強化ジュニアの練習風景を載せています。

アサヒ緑健久山テニス俱楽部/強化ジュニアホームページ

今までの経験を活かし、外部コーチ等(過去に松岡修造氏、福井烈氏、土橋登士久氏にも参加して頂いています)を招聘してのテニスキャンプ・合宿・イベント等の企画も行っております。

また2014年には、インドネシア中央ジャカルタのプラザスナヤンアパート・ファンクションルームでジュニア選手向けの講演会を行う等、テニス普及の為の活動も精力的に行っております。

ジャカルタにて

テニスの技術だけではなくテニスを通した人格形成やスポーツ精神を身につける事を基本理念とし、現在は小学生から中学生までのジュニア選手の育成に専念しております。

最新の技術やテニス界の流行を取り入れつつも、基本・基礎を大切にし、目の前の勝ち負けだけに拘らず、子供達の将来を見据えた指導を行い、九州から世界へ羽ばたく強い選手を輩出することを目標としております。

主な成績

全日本テニス選手権大会 ダブルス ベスト4

全日本室内テニス選手権大会 ダブルス ベスト4

主な指導歴

柳川高校(柳川商業)男子テニス部コーチ・監督としてインターハイ14連覇等、日本一に貢献すること数十回。

全日本高校選抜日本代表監督として海外遠征多数。

オランダにて
香港にて

タイトルとURLをコピーしました